私の選ぶベスト3

20代の頃から織田裕二の演技が好きな私が選ぶベスト3

私は40代後半のなおと言います。
20代の頃から、織田裕二さんの演技が好きで、ドラマはよく観てしまいました。

平成3年に放送された、【東京ラブストーリー】は、当時は、月9と言われ、これを観る為に、早く自宅に帰る。なんて事も世間ではあったみたいでした。
私も月曜日の夜の9時には、コーヒーを準備してテレビの前に座っていました。
タイトルの通りのラブストーリー何ですが、ちょっぴり大人しい織田裕二に対して天真爛漫な彼女が、ストレートに気持ちを伝えるんです。
けれど、織田裕二にはずっと想いを寄せている女性がいるから、なかなか上手くいかないんですよね。
でも、そこは男と女だから、気になってしまう部分も出てしまうんです。
このドラマの織田裕二は、正直、優柔不断過ぎて、どっちが好きな?もう~、じれったいなぁ。と、いう感じであまり好きではないですが、女性目線といいますか、自分とは真逆の天真爛漫な彼女を羨ましい気持ちと応援したい気持ちとで、夢中で観ていました。
今だと、バブル後のドラマなので、違和感も凄いかも知れませんが、若い織田裕二さんが観られます。

平成5年に放送された、【振り替えれば奴がいる】は、織田裕二さんのシリアスな演技が凄いです。
タイトルを見るとホラーっぽいですが、決してホラーではありません。
織田裕二さんと言えば、笑顔、というイメージを私はもっていますが、このドラマでは、笑わない、意地悪、だけど名医なんです。
無口で、何を考えているのか分からない雰囲気を醸し出し、私は、この時の織田裕二さんは、怖いイメージがありました。
けれど、本当は心の優しい人だったんですよね。
ライバルが病におかされ、織田裕二が必死に助けようとする姿は、感動して涙が止まりませんでした。
織田裕二さんが演じるドクターの最後は…。
いつもと違う、悪役的な織田裕二さんを見たい方には、お薦めのドラマです。

平成6年に放送された、【お金がない】は、もう、織田裕二さんの魅力が満載なんです。
このドラマの内容も面白いんです。
親の借金でアパートを追い出され、幼い弟達を守りながら、這い上がっていくサクセスストーリーになっています。
明るくポジティブで前向きな役を織田裕二さんが演じていますが、本来の織田裕二さんなの?と思ってしまうくらい、ピッタリと当てはまっているんです。
周りの人に助けて貰いながら、人間らしさを失う事もなく仕事をしていき、その内に社長に認められ、グングンと出世していくんです。
でも、人間は大金を手にして、求めていた地位まで上り詰めてしまうと、変わってしまうんです。
ここで、言葉使いやちょっと悪役的な織田裕二さんが出てしまいます。
けれど、社長が陰で、織田裕二を落としいれようとするんですよね。
危うくなる、織田裕二さんなんですが、真実を知ってから、独立して一人で仕事をする様子は、元のお金がないときの彼に戻るんです。
このドラマを観ると、お金が無くても楽しく生きている年の離れた兄弟の愛情や思いが凄く伝わるんです。
励みになるといいますか、人間、やっぱりお金が全てでは無いんだな。と思えてしまうんです。
楽しくポジティブな織田裕二さんが見れるドラマだと思いました。

20年以上に渡り、織田裕二さんのドラマを楽しく観てきましたが、その時代によって、自分はあの時こうだったなぁ~。と、忘れていた記憶がフッと戻ったりして懐かしく思いました。

織田裕二さんは、俳優としての演技力も素晴らしいですし男性としての魅力もたっぷりあります。
こうして、古いドラマを見ていきますと、色んな織田裕二さんが見れる事は、凄い事だと思いました。