遠距離恋愛の体験談

23歳男 遠距離恋愛を舐めてかかり、完敗しました

私が23歳の頃の話です。

大学3年から付き合っていた彼女と、就職を機に、遠距離恋愛となりました。

私は東京、彼女は広島に住むことになりましたが、私たちはそれほど、心配していませんでした。

偶然がきっかけで、知り合って付き合い始めたので、お互い「運命の人」と思っていましたし、2年が過ぎても、倦怠期とは無縁で、少々の困難はなんてことないと思っていました。

実は私は密かに、2年くらいして仕事に慣れたら彼女に結婚を申し込むつもりでした。

距離は離れてしまいますが、新幹線で一本で行くことができるし、電話やメールで常に連絡が取れるから、寂しくても我慢できるからと、お互い励まし合いながら、遠距離恋愛がスタートしました。

私は大学の頃から、一人暮らしをしていたので、生活自体はすぐに慣れることができましたが、仕事に慣れるまではかなり苦労しました。

仕事はファミレスの社員でした。

居酒屋でアルバイトしていたので、どうにかなるだろうと思っていましたが、全くどうにもなりませんでした。

毎日、店長やアルバイトに怒られ、ダメ出しをされ、毎日クタクタになっていました。

初めの頃は、そんな苦労を彼女に悟られないように、敢えて笑い話ばかりしていましたが、2ヶ月、3ヶ月と続くと、それも段々辛くなっていきました。

仕事でも神経を使い、仕事が終わった後も彼女の気を使う生活に疲れてしまいました。

徐々に彼女に八つ当たりをするようになり、ケンカが増えていきました。

彼女も朝早いのに、私の仕事が終わるまで待って電話しているのに、八つ当たりをされて辛かったと思います。

電話する時間がなかなか取れないこともあり、主にメールでやり取りをしていましたが、メールでは細かいニュアンスや気持ちを表現することが難しく、より一層ケンカや気持ちのすれ違いに拍車をかけていました。

もし遠距離でなければ、会って心行くまで話し合うことができたも思います。

しかし、遠距離では不可能です。

お互いの気持ちのすれ違いを修正することができず、半年後、激しいケンカの末、別れることになりました。

会えないということがこんなに、状況を難しくするとは思っていませんでした。

そしてメールが決して万能ではないということを痛感しました。

遠距離恋愛をする場合、そうでない場合以上に相手の事を考え、慎重に行動しないと、ケンカになった時などは、修正が難しくなります。

余程の覚悟と相手を思う気持ちがなければ、影響恋愛は成立しないと思います。