遠距離恋愛の体験談

転勤で田舎と東京での遠距離恋愛が成就(当時20代半ば 男性)

福島県の片田舎の○○町の、とある会社工場勤務から、東京の本社勤務の指令が立てられ、実は、半ば喜んでOKの返事をしました。

直ぐに東京へ転勤することになり、会社の社員寮である東京都大田区の○○地区に住まいを移したのです。

実はこの時、田舎でのお付き合いしている女の人がいたのですが、東京転勤の話をしたら一寸驚いてはいたが、実は彼女自身も東京へは行ったことが有り、大学時代に東京生活を経験したこともあり、東京の様子や私の勤務する東京の東京駅や大手町のことも、ご存知の様子だったのです。

あの頃は、未だ携帯電話などという便利なものはも無く、彼女との便りや手段は、電話をすることも合ったが、何べんでも兎に角、手紙を書く事だけでした。

同僚や先輩に、「オ〇〇さんは、毎度毎度よく手紙書いてるね」などと言われながら、半分は冷やかされているようでしたが、何言われようと私はただ手紙をと書き続けました。

そしてこの後、仕事や通勤にも慣れてきた頃、イヨイヨ、彼女を手紙でも約束した通り東京に呼ぶことにしたのです。

元より、遠距離の恋愛というのは、両方の中間地点に併せて逢うのが一般的なのでしょうが、彼女が言うにはどうしても東京へ行ってみたいというのです。

彼女の希望にそって、敢えてそうしたのでした。

待ち合わせ場所は、東京駅は皇居正面に位置する丸の内側の中央口にて逢うことになり、彼女も東京駅の様子は概に承知しているようで、勿論、その日の日付と時間を連絡してやりました。

彼女はやってきました。

清楚な真白のスーツを纏い、美しい姿で東京駅の指定の場所に、颯爽と現れました。

其の姿は、東京に天使が現れたかのような姿でした。

 奇麗な人の多い東京の女性たちですが、彼女は其の美しさは一歩も引けを取らぬほどでした。

本来では、東京駅からも直ぐ行ける、賑やかな銀座辺をを案内したかったが、正面に見えている静かな、緑の多い皇居外苑や有名な二重橋、それに少し歩いて、有楽町や日比谷公園などをブラブラしました。

 
日比谷公園の一角で、好きなお酒を飲みながら軽い食事をし、再び、日比谷公園で散歩中ベンチで休んでいる時に、初めて思い切って彼女を抱き寄せてキスしたのでした。

遠距離恋愛が実った瞬間でもあり、実に幸せな1日だったのでした。