遠距離恋愛の体験談

30歳 男性 20代前半の遠距離恋愛の思い出

私が遠距離恋愛で苦労した内容でありますが、私は、遠距離恋愛に対して20代前半の時に非常に強い憧れを抱いておりました。

その内容としましては、私が思春期の頃はEメールが全盛期でありまして、パソコンでのメール通信が非常に流行っている形でありまして、中でもパソコンでのチャットで仲良くなってから、引き続き電子メールでメールを交わすことができると言う内容に非常に当時は刺激的でありました。

また、私の中で写真を交わさずに会うと言うのが非常に衝撃的でありながらスリリングな内容で当時は、会いに行く度に最高に嬉しい状態になれたり、悲しい状態になるようなこともありましたが、中でも私の思い入れのある遠距離恋愛としますのが、一番初めにお会いした女性の方と遠距離恋愛できた内容でありました。

一番初めてにお会いした方の遠距離恋愛としましては、長い年月を積み重ねる形で、一年以上電子メールでメッセージを交換する形でありました。

そこから彼女の方が半年を経過した辺りで、「アナタに会いたい・・・」と言う形で、言われることによりまして、私自身も「僕も会いたいってずっと思ってた」と言う展開になりまして、その日を境に会いたい会いたいとお互いがお互いに対して思いが募るような形になりまして、ついにお互いが「会おう!」と言う形になりました。

お互いが会おう!と言う形になりまして、集合した場所としましては、彼女の最寄りの駅の真ん前にある噴水でありました。

また交通手段としましても鈍行での移動と言う形になりまして、新幹線であれば1時間以内で到着できる時間が、鈍行電車で乗り継いでアクセスすることによりまして、4時間程度所要する形となりました。

しかし、そこから噴水の前で遠距離恋愛の集大成と言える形で会った瞬間に抱き合うことができたのは最高の思い出でありました。

そこからデートを重ねて待ちかねていた初デートは新鮮そのものでありました。

これは遠距離恋愛でしか経験できない内容であると痛感しました。