遠距離恋愛の体験談

18歳男 京都と神奈川の遠距離恋愛 とても想い出に残る恋愛でした

はじめまして、現在30歳で看護師をしています。

性別は男です。

遠距離恋愛についてですが、当時僕が高校生3年生で18歳の4月の誕生日に付き合うこととなった女性との話です。

12年前ですね。

当時僕はハンゲームというPCサイトでゲームやチャットなどをしており、オンライン上で知り合った女性とお付き合いすることとなりました。

僕自身は京都出身で、彼女は生まれた青森を出て神奈川で看護師として働いていました。

年上で10歳上でしたので、彼女は当時28歳でした。

年の差はありましたが、彼女が京都旅行が好きなことや学生時代僕と同じくバスケットをしていたこともあり、話の馬が合い、Eメールアドレスを交換することとなりました。

当時の僕は童貞で、同級生3名ほどとしかお付き合いしたことがなく、年上の女性という響きにテンションが上がったことを今でも覚えています。

話していくにつれて、お互い会いたい気持ちが強くなり、京都で会うことになりました。

京都旅行が好きなため2泊3日で彼女は来ていました。

1日目に京都駅で落ち合い、電車移動で僕の地元の宇治市を案内しました。

中村藤吉という抹茶屋さんや10円玉の平等院を案内し、僕も彼女の距離も近くなり自分から手をつなぎました。

彼女は嫌がることなく応じてくれたことが嬉しかったです。

デートも1日目終盤にさしかかり、彼女はホテルに戻るだろうと思い、僕は自宅へ帰ろうとしました。

そのときに彼女から「良かったら一緒にいたい」と言われたので、彼女がとっている京都駅と直結しているホテルに行きました。

部屋はダブルベッドでした。

僕は相手に好意を抱いていたのと、下心もあり、入室後ほどなくして彼女をベッドへ押し倒しました。

彼女は嫌がることなく、キスから服を脱ぐところまで応じてくれました。

その先は自分自身したことがなかったので、彼女にエスコートしてもらいました。

本当に初めてなんだねと笑われました。

1日目が終わり、2日目と3日目も京都市内の寺社仏閣をデートしたり、体を重ねました。

デート費用は全て彼女が出してくれました。

その後も遠距離恋愛が3年ほど続き、色々あって別れました。

(800字では最後まで書けません)