遠距離恋愛の体験談

28歳女性 別れました

私は現在20代後半で専業主婦をしています。

現在私が幸せに暮らしているのは、過去の遠距離恋愛から学ぶものがあり、少しは成長できたからかなと思っています。

わたしが私が遠距離恋愛を経験したのは20代前半の頃でした。

付き合い始めて4か月ほどで遠距離に突入しましたが、付き合う前に遠くに行くことは聞かされていたので覚悟をしていたので、離れ離れになる事は意外と平気でした。

彼もとても優しく誠実な人で信用していたので不安も特に感じることはありませんでした。

遠距離になってからは2か月~3か月に1回程度泊りがけのデートをしていましたが、会えない分その時間が愛おしく感じケンカもあまりしませんでした。

お互いの環境が落ち着いた頃には気持ちも落ち着いていて連絡を取り合わなくても不安を感じませんでした。

遠距離になって1年くらいたった時に彼から結婚したいと告げられましたが、その時の私は仕事が楽しくて、仕事を辞めて彼の所に行くとゆう選択肢がなかったので断ってしまいました。

今思えば、この時の私は「結婚してくれる気があるなら、私から離れないし、いつでも結婚できる。

」と浅はかに上から目線でとらえていました。

それから1年は仲よく付き合いも続き順調でしたが、3年目に突入して状況が変わりました。

仕事にも満足して自分に自信がつき、そろそろ結婚したいなと思い始めたのです。

しかし、この時は彼が仕事が板につき楽しくて、結婚よりも今は仕事と向き合いたいと断られました。

本当に過去に結婚を断った自分がバカで愚かで悔しかったです。

それからはお互いの気持ちの熱にも差がでてきて、私は余裕をなくしていました。

遠距離であえる時間が少ないのに会う度に結婚をほのめかすような言葉で彼にプレッシャーを与え続けてしまいました。

その後は気持ちのすれ違いが修復できずにお別れすることになってしまいました。

この遠距離恋愛で私は、相手の気持ちに寄りそうことと、大切な人を失う恐怖を学びました。

結婚はタイミングかもしれませんが、きっとこの時に結婚していても上手くいかなかっただろうなと今は思います。

現在は別の男性と結婚していますが、遠距離恋愛から学んだことも多く、旦那とも仲良く幸せに暮らせています。