私の選ぶベスト3

織田裕二さんのがむしゃらだった頃の作品3点紹介

はじめまして、パオパオと申します。今日は織田裕二さんの作品から3点ほど選定して紹介します。因みにパオパオは織田裕二さんの2歳下で男性で、ほぼ同年代で、織田裕二さんのデビュー当時から味のある役者さんだなと思いました。作品紹介の前に、織田裕二さんと言えば、踊る大捜査線が有名ですが、パオパオ個人的には、織田裕二さんのデビューしたばかりの頃から前半の頃の作品が好きです。理由は、やっぱりまだ若くて元気で、がむしゃらに演じているので、その少し素人感を残している熱意に引き込まれるものがあり、前半の頃から、3作品を選びました。それでは、1作目から紹介します。最初は、緒形直人と的場浩司と3人で予備校生役だったドラマ、予備校ブギ、がはまりました!だってパオパオ、地方の予備校生だったんですから、ハイ!役柄そのまんまです。3人の繰り広げるドタバタを楽しみにして見ていました。そんなことしてないで、勉強しろ!と言われそうですが、予備校生にも少しは気晴らしがあっても良いですよね。忘れられないパオパオ予備校生時代の名作そのものでした。ただ正直内容そのものがどんなんで、最後はどうなったのか、ストーリーは印象がありません。すみません。でもあの3人が出てきて、ヤンチャするだけで楽しいドラマだったことは忘れません。
それでは、2作目を紹介します。神作品とも言うべきでしか、そうです。皆さんご存知、東京ラブストーリーっす。もうこの時は、パオパオも東京で大学生でした。これだけで十分過ぎるくらい説明できますが、有名なので特に説明不要かも知れませんね。この当時、パオパオがアルバイトしてたピザ屋で、このドラマの物真似が流行り、一緒にピザを作っていた女子大生に、カンチ!とか呼んでもらったりして、馬鹿ですね。彼女とは一緒に映画やディズニーや府中や大井競馬場に遊びに行ったり、東京ラブストーリーは、パオパオ大学時代の青春そのものでしたよ~カンバック青春!似たような奴が沢山いたんだと思います。地方から出てきたおのぼりさんでしたが、東京はやっぱり最高だと思いました。
最後は、大好きで何度も見ました。そして、本当はパオパオ自身、医者になりたかったと思ったドラマ、振り返れば奴がいる、です。ありがちですが医療関係の作品です。このあたりから、演じ方が渋すぎる。実力あるしね。一緒に出るようになった石黒賢もいい味だしてたね。ラストで刺されてしまうシーンはあまりにも衝撃的でした。実力派俳優にどんどん向かってく感じで嬉しい反面、段々と昔の新鮮さがなくなり、寂しくなってきた作品でもあります。
まさに、子が巣立って行く時の親の気持ちでしょうか!良い作品です。
以上、とりとめもなく、すみません。パオパオが選んだ織田裕二さん作品から3点を紹介させて頂きました。最後まで読んで頂き、有難う御座いました。