私の選ぶベスト3

幅広いジャンルのドラマ好き主婦が選ぶ織田裕二ベスト3

・ママハハ・ブギ
このドラマは、1989年の作品です。少し古いですが。
若かりし頃の織田裕二さんが出演なさっています。

ファッションモデルの蘭子演じる浅野温子さんが主演です。
いわゆるママハハが家庭内にいきなり入ってきて、巻き起こす騒動の数々が描かれているドラマ。

そんな水谷家の無口な長男水谷誠が織田裕二さんです。
しかもその誠ちゃん、東大を3浪しつつ東大生のフリをしちゃっているという複雑な感じになっちゃってます。
ツッパリの次男的場浩二、裏表のある性格の長女石田ひかりよりも、一番この誠ちゃんが厄介な感じの人物に感じました。

それだけ、無口な織田裕二さんの演技がよかったということなのでしょう。
かなり印象が強く残った役どころでした。

毎回のドタバタ劇が楽しめる面白いドラマです。

・振り返れば奴がいる
織田裕二さんのイメージがこれでガラッと少し変わったので、この振り返れば奴がいるです。

このドラマは、病院内部のドロドロした部分が結構描かれているのですが、その中でも織田裕二さんは、少し悪っぽい医者役どころです。

しかし、そうなったのは過去があった!
何とも悲しい医者の過去です。
そういった経緯を知ると、織田裕二さん演ずる司馬に、少し同情してしまう気持ちが出てきます。

ただの悪ではない、そんな人間味溢れた面白いドラマでした。
恋だの愛だのといったドラマに飽きてきた頃に見ると、最高に面白い内容になっています。

・踊る大捜査線
踊る大捜査線は、織田裕二さんの真骨頂といったところでしょう。
脱サラ警官の青島は、とてもハマリ役でした。
織田裕二さん以外には考えられません。

ドラマの人気を裏付けるかのように、ものまねされることも多かったのがこのドラマの影響でしょう。

警察組織の矛盾を抱えながらも、常に真っ直ぐに突き進む青島の爽快な部分は、見ていて気持ちがよかったです。
それをサポートしてくれる、すみれさん、和久さん、室井さんなどの人物も最高によかったです。

それまでの刑事ものと言うと、事件を解決していくのを中心にしていた気がします。
しかし、この踊る大捜査線は、警察内部に巻き起こる出来事の方を中心にドラマが構成されていたような気がします。
生々しい警察組織の話が出てきたりして、そういった部分も興味津々でした。

そこが今までにはない刑事ドラマとして面白かったです。

ついまた見たくなってしまうドラマの1つです。