私の選ぶベスト3

テレビをそんなに見ない多忙なサラリーマンが選ぶ織田裕二の出演作品

テレビをそんなに見ない多忙なサラリーマンが選ぶ織田裕二の出演作品

こんにちは、家族を養うため毎日働くサラリーマンAMBです。そんなに多くはドラマや映画は見ませんが、
出演している役者さんにはまってしまうとなんとく見てしまい、そしていつのまにかはまってしまいます。

日々忙しい中で、ふとテレビをつけてたらやっているドラマや映画。
なかでも私がはまってしまってしまったのは織田裕二さんです。

踊る大捜査シリーズは日本でしらない人はいないほどのドラマ。
テレビで何度も再放送や映画をしてますのでいずれかの作品を見て私もその面白さを感じました。

私にとっての踊る大捜査線の魅力は主人公の交友関係です。
警察内だけでなく、捜査現場や犯人などの出会う方とのやりとりが非常に面白おかしく、みていて楽しいです。

こんな刑事さんが本当にいたら、やっぱり知り合いになりたいし協力したらなにか面白そうなことがあるのではと思えます。

また、ドラマとは違い映画ではホワイトアウトが、個人的に見応えがありました。
こちらの映画のテーマを一言で表すのであれば「自然と人との戦い」です。
作中では人とのやりとりのほか、予想がつかない自然も考慮しないといけません。
全体的に壮大な自然映像や役者の演出があったので少しオーバーな感じもしましたが、
内容は小説を題材にしているので話の骨組みはしっかりして、結末の予想がつかずに最後までハラハラと飽きずにゆったりとみれました。ちょうどこの時期にはアウトドアにもはまっていましたのでより親近感がわき興味を持てたのだと思います。

次に、内容も役どころもいままでになかったドラマがIQ246~華麗なる事件簿~です。
見る前までは、今までの作品の影響もあって実はかなり抵抗があったのですが
見てしまえば結果的に一番しっくりきて、「続きをみたい!」という作品でありました。
その理由は織田裕二さんの細やかな演技が決めてです。考えているときの所作などはなかなか見応えがありました。
まだまだ書きたい作品はあるのですが私と同じように踊る大捜査線から入り、その後の映画やドラマを見られている方も多いかと思います。