私の選ぶベスト3

織田裕二さん出演ドラマから個人的におすすめしたい3作品の御紹介です。

こんにちは、メグライオンと言います。
今日は、織田裕二さんの過去のドラマから、個人的に印象が強く残っていて面白く、おすすめしたい3作品を紹介したいと思います。それでは早速、紹介していきますので、宜しくお願いします。

先ず最初の1つ目は、「お金がない!」です。両親が多額の借金を残して、冴えない町の工場で働きながら、いかにも貧しい感じの家で兄弟と住み、貧乏なのにメチャクチャ明るくメゲナイ主人公役でした。貧乏でも明るいと何かいいことあるかもと前向きな気持ちにさせてくれて、元気が出るドラマだった記憶があり、最終的にはその強運で成功を収めるハッピーエンドのドラマなので、織田裕二さん作品の中でも好きな方のドラマです。

次に2つ目の作品は、やっぱりこれは外せない「踊る大走査線」です。これは、もう織田裕二さんの代表作と言っても良いと思います。あの有名な言葉、事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!始め、レインボーブリッジを閉鎖しろ等、このドラマの影響で、無意味に何度もレインボーブリッジをドライブした頃もありました。その中でも、個人的に、いかりや長介さんが好きでしたね。いい味出してました。いかりやさんは亡くなられて残念ですが、このドラマ自体は、まだまだ可能性があるドラマなので、続編を期待したいです。今度はどこを閉鎖するのかな?

最後に3つ目の紹介作品は、マニアックですみません。「真夜中の雨」になります。実はこのドラマ、織田裕二さんドラマで好きな作品、フジテレビ振り返れば奴がいるで共演した石黒賢さんとの再共演で、同じく天才外科医の役を演じています。この役の織田裕二さんが基本的に好きですね。カッコいいです。共演も石黒さんが似合ってます。同じような役でも、なぜでしょうか、大学病院に嫌気がさした天才外科医と、ちょっと違うのが、心に傷を負った松雪泰子演じる女性刑事によるサスペンスと言う所が違いますが、おそらくTBSだからか、非常に洗練されていました。マニアックな作品ですが、もう一度見てみたいドラマです。

以上、織田裕二さん出演ドラマから、3作品をご紹介致しました。
それではまた、ごきげんよう。