俳優

織田裕二にスマートさは要らないと思う男が選ぶ織田裕二ベスト3

こんにちは。ドラマ、邦画好きのすてです。
まず1つめ。お馴染みの「踊る大捜査線シリーズ」
今ではコミカルな刑事ドラマや弁護士ドラマはあるかと思いますが、その元祖ではないでしょうか。
サラリーマンからの転職という所も会社員にとって生き生きして働く転職成功例としては羨ましいなと思います。民間企業からの転職という事で、柔軟性や視点も広くそしてどこか普段は軽い部分も良いです。
話し方も「君も~」など友人に話しかける様に犯人と会話したり本人は気を利かせたりお調子者な感じで接するのですが何故か上司に煙たがれたりちょっと抜けてる落ちもあり熱さと軽さが絶妙です。
また私の織田裕二さんのハマり役はイメージは熱さ、良い意味で率直で泥臭さがあり役にピッタリです。
脇を固める俳優さんとの上手く溶け込んでいて織田裕二が前面に出過ぎない所も作品としても良いです。
ノンキャリアなのに最終的には美味しい所を持って行き事件解決する所はスカッとしたい気分の時はお勧めです。
2つめ。「お金がない」大分古いドラマですが、やはり素朴で泥臭さ、しぶとさとちょっと息抜きで間抜けな部分もある演技の中、おちゃらけた楽観的な部分があり個人的には好きな役柄です。「踊る大捜査線シリーズなどでも見る」織田裕二さんの「にたー」と口角上げて笑う部分が連発でインパクトありです。東幹久とこざかしい戦略を立てる場面が多くみられますが大抵失敗するのも織田裕二さんがドラマでしかみれない姿で笑えます。アメリカンドリーム的な要素があるのでリラックスしてみるのが良いと思います。

3つめ。かんちでおなじみの「東京ラブストーリー」。小学生の時放送されてましたが、改めて観てみたらスラっとしていて好青年でカッコよかったです。やはり、まっすぐな性格でスマートではない役柄ですがそこが織田裕二の魅力だと思っているのでそういうキャラクターが好きな人にお勧めです。
上記2作品よりおちゃらけた部分はありませんが恋愛ドラマとして色あせていないと思います。
鈴木保奈美さんとの相性もばっちりです。体当たり系の恋愛ドラマが好きならキュンキュンと切なさがあります。