俳優

そんなにファンでもないのになんとなく出演作をいろいろみていた人が選ぶ織田裕二ベスト3

織田裕二がデビューしたころを知る織田裕二と同世代の主婦です。
織田裕二が無名のころからどんと世に出る姿をみどどけていたのだなという気がします。
そんなにファンでもないのに。

織田裕二はデビューは俳優ではありましたが、黒歴史的なものとして
なんとおニャン子クラブの男の子版のむすっこクラブというグループで少しご活躍した過去もあります。
あー、青かった織田裕二。
しかし、この黒歴史はそんなにファンでもない私も知っていることです。
その後、湘南爆走族でしきりなおしてドカンとデビューをします。そして快進撃をつづけます。
その理由は、不思議なマジックを持っている俳優だからです。
織田裕二はものすごく演技力があるのか?といえばそうでもないのではありますが、どんな役でも
とても真摯に熱く演じるせいか、織田裕二がでているどのドラマをみても見ている側がその世界に知らないうちに入り込んでしまうという不思議なマジックをもっている俳優さんなのです。
そんなにファンでもないのにこの部分はとても評価します!

そんな織田裕二はとてもたくさんの作品にでていますが、
私のお勧めはまずはテレビドラマ 卒業 とういうドラマです。
始まる前は、主演は中山美穂で、織田裕二はお相手役というかんじで、バリバリの主演ではないような気がしましたが、回を重ねるごとに、群像劇で、6人ともしっかり主役だったなとおもいます。このドラマの役があってからの、東京ラブストーリーのカンチ役へとつながる気がします。今もしこの役が来たら断るんだろうなあ。
次におすすめは、映画 就職戦線異状なし です。こちらもたくさんのこれから売り出す若者俳優が出演していて今となってはとても豪華な出演陣ですが、織田裕二は断トツの主演としてでていました。当時のとてもチャラいノリで就職活動をはじめるのですが、社会の現実をたたきつけられてほんとうにやりたいことは何なのかを考え直してゆく本当はチャラくない青年を演じます。見た後になんとさわやかな風を吹かせるやつなんだ織田裕二は!とおもいます。当時もみていい映画だとおもいましたが、今見ても、時代背景は当時とは全くちがうのですが、根底にある自分のやりたいことをやることへの葛藤のようなものを考えさせてくれるいい映画です。それは織田裕二が演じているからこその良さでもあります。いまもしこの映画をもう一度やるとしてもこの役を演じきれる俳優はいないとおもいます。

最後のおすすめは、映画 波の数だけだきしめて  です。またまた中山美穂との共演で、この時はダブル主演だといえます。
織田裕二は一見熱血で暑苦しいイメージなのですが、じつはとても繊細で
こうした女の子に本当の気持ちはどうしてもなかなかいえない。。。というような役をやらせたら天下一品だとおもいます。いまでいうところの ダサかっこいい なのです。
ぜひともまたこんな感じの大人の恋愛ものをいまの織田裕二に演じてほしいなとおもいます。